「ラビング・プレゼンス」の体験です

 仲間から、一緒にいる感じをもらいながら、自分の内側に入っているとき、 安心と勇気をもらいました。
また、仲間が自分の内側に入っているときに、 私もラビングプレゼンスの状態で相手を見守っていると、暖かく穏やかな 気持ちになりました。

 ラビングプレゼンスを上手に生かせたら・・・ 人生がより楽しくなりそうです♪

 また、その日は、イライラもしていました。でもマインドフルネスになって そのイライラを感じてみると、奥にはとても哀しい気持ちがあることに 気づきました。

 哀しみの原因である兄弟の役をしてもらっている仲間から 「ごめんね、ありがとう」といってもらったとき、心の奥深にある塊が解けて、 癒されるのを感じることができました。 あの時の体験は、私にとって、とても大切なものとなっています。

 〜 K.K.さん 31歳 女性 〜
「一日体験ワークショップ」の感想

 私は人が集まるところに行くと、自分がどうしたら良いか、 急に分からなくなることがありました。今日もそうでした。
しかし、次第にその緊張がとけてゆき…ありのままでそこに いて良いんだ、ということを感じることができました。

 それは、とてもやわらかな穏やかな気持ちでした。
日常のなかでも、人との関係をこんな風につないでゆけたらどんなに良いかと思いました。

 それと同時に、自分の深いところに抑圧してきたものが あるのを感じていました。それにはブレーキがかかっていて、 今日は少ししか出すことが出来ませんでしたが、それを 解放したいという気持ちが、強く動いていました。

  20 年ぐらい前から、カウンセリングやセラピーを求めていましたが、やっとその一歩を踏み出せました。
私にとっては記念すべき一日でした。 今日は、ほんとうにありがとうございました。

 〜 40代 女性 〜
「一日体験ワークショップ」の感想

 たった1日の体験ワークショップでしたが、ハコミのノンバイオレンスの雰囲気にとても癒され、深いリラックスを得ることが出来ました。

 強制や論争、競争のない、おだやかで静かな時間と空間が素晴らしかったです。
身を委ね、癒されるなかで、見失っていた自信を取り戻すことが出来ました。

 今の世の中バイオレンスが溢れてますから (私もずいぶん苦しめられました)、ハコミを学んで、バイオレンスに疲れた人たちが癒され、元気を取り戻せるオアシスのような場を作っていきたいと思いました。

 ノンバイオレンス、マインドフルネス、ラビング・プレゼンス、ナリッシュメント、…言葉はカタカナ語ですが、まさしく老荘の無為自然、仏教の慈悲の思想であり人生の在り方なんですね。

 自ずから然る人のいのち(心と体と魂)を、在りのままに受け入れ、寄り添いながら、癒し育んでいく…、それがハコミなんだと感じました。あの平和で穏やかで静謐な空気…ハコミ的な精神、在り方、生き方を学び広く人に伝えていきたいと思いました。

 〜 G.N.さん 50代 男性 〜
「一日体験ワークショップ」の感想

 とても楽しく一日を過ごさせて頂きました。 ゆるやかで、無理がなく、お腹が一杯になる感じでした。
それは、ハコミそのものの特徴でもあり、ゆみさんの リードだからということもあると思います。

  その人の身体(姿勢)の癖をみて、それを強調したり 戻すワークは面白かったです。
ほんの少しのことなのに、 身体はちゃんとおしゃべりしてくれるんですね。

  またHPを見て、ピンと来て、スケジュールが合えば 来たいです。ありがとうございました。

 〜 40代 女性 〜
「一日体験ワークショップ」の感想

 ハコミセラピーは、他のセラピーに比べて、とてもやさしい。

 シンプルだけど奥が深く、強制的ではなく、とても自然な感じがした。参加した全員が、やさしさに溢れ…素敵な笑顔で別れることができたのが印象的だった。

 人はみんな、褒められもせず、認められることもなく頑張って生きている。心のどこかに、寂しさや辛いと感じる事柄をしまい込んだまま生きている。

 ハコミはそんな人に、いまのままの自分を認めてあげていいんだよ、ありのままでいいんだよ、と教えてくれる。優しい雰囲気のなかで、自分が言ってほしい言葉を、心を込めて優しく言ってもらったとき、心のなかで頑張って意固地になっている自分を認められ、自然に涙がこぼれた。ほとんど全員が涙を流していた。

 最後に、目からウロコの体験。
マインドフルネスで自分の身体の気になるところに意識を向け、ペアになった相手から、共感的な言葉かけをするワークをしたが、ほとんどの人の症状が変化したり改善したのには、ビックリした。

 これほどシンプルなのに効果絶大だとは !
翌日会社で試したところ、同僚の首の痛みが治ってしまったので、更に驚いた。

 今後、もう少しハコミを勉強したいと思っています。

 〜 K.M.さん 48歳 男性 〜
「一日体験ワークショップ」の感想

 気持ちのよいシャワーをあびた一日でした。

 自然に流れる涙…自然にこぼれる笑顔…、自然に、ありのままでいいということを、身体ごと、魂ごと、体験させていただいた一日でした。今日出会ったすべての皆さまに感謝しています。

 ハコミには、いろんなエッセンスが詰まっていますね !  ハコミの奥深さを、これからも体験させてください。

 「そのままでいいよ」と言って、ぎゅっと手をにぎってもらったこと、身体中が熱くなる…この感じ、なにかあるたびに思い出すことでしょう。

 よかった ! 本当にありがとうございました。

 〜 M.H.さん 40代 女性 〜
「一日体験ワークショップ」の感想

 自由で良いんだなと思えました。

 返答を求められたときに、いつもなら早く答えないと、と思ってしまう場面でも、自分のペース、自分の呼吸で答えることができ、そんな自分に驚きました。

 頭で考えていたことを心で感じたり、身体のむくままに行動したり、それを許された感覚が味わえました。

 話を聞きながら、話に集中するのではなく、感じるものを受け取る…という感覚!  ステキだな思いました。

 実践してみます。一日、ありがとうございました。

 〜 N.H.さん 40代 女性 〜
ワークショップ(2日間)の体験

 初めてでもわかりやすい説明と、自分の存在も感情もあるがままに受け入れられているという安全・安心な雰囲気がとても心地良かったです。

 穏やかなワークで、様々な自分の感情と向き合いましたが、終わって みるとそれが非常にダイナミックな体験であったことに気付くなど、 嬉しい驚きがいっぱいでした。

 〜 M.O.さん 36歳 女性 〜
「ジョージア・マービン 〜 関係性ワークショップ」にカップルで参加した体験

 ジョージア・マービンさんのワークショップから数ヶ月の時間が流れましたが、今も目を閉じると、あの愛にあふれる静かで優しい空間の余韻が心に染みわたってきます。

 私はパートナーと二人で、ワークショップに参加させて頂きました。日頃から私たちは常に会話を交し合う関係ではありますが、あの2日間のワークショップで、私たちは、心と心、さらにはもっと深くを流れる大自然の循環のようなものを通じた、新たな対話の形を発見することができたように思います。

 ジョージアさんにも指導いただいた通り、ワークショップ後、私たちは意識的にハコミのワークを日常に取り入れていきました。どちらかが悩みを抱え深く落ち込んだとき、ふとしたことでお互いの気持ちがすれ違い、なかなか修復できないとき・・・、思いを離れて上滑りしていく言葉を少し抑え、二人向き合いマインドフルネスになる。すると、心とからだを通じて相手の思いがすっと伝わってくるだけでなく、言葉を超えた共通の何かがそこを静かに流れていく。

そんな時間のたびに、私たちは人と人とのつながりに感動し、涙し、また絆を深めていくことができてきました。そして、これらの体験の繰り返しは、私たち二人の間だけでなく、すべての人と人、自然の間に共通する深いつながりを私たちに実感させてくれており、今までとはまた少し違う他者理解のあり方が少しずつ育まれていっているようにも感じています。

 ワークショップ後、この大事なパートナーと入籍をし、双子を授かるというありがたい恵を頂きました。今後、ともに夫婦として、そして親として歩む中、さまざまな壁にぶつかることもあると思いますが、ワークショップで教えて頂いたこの温かく大切な思いをこれからも忘れずに、いつかはそれを子どもたちにも伝えていけたらいいなと願っています。

 ジョージアさん、森先生、セラピストの先生方、参加者の皆様に心から感謝しています。機会があれば、またぜひ参加させて頂きたいと思っています。本当にありがとうございました。

 〜 30代 女性(妻) 〜

 「いつもの顔の、いつもの表情に、新しく出会い直す時間」。2011年11月に参加させていただいたジョージア・マーピンさんのワークショップに流れていた時間を一言で表現するなら、そんな言葉が一番ぴったりくるように感じました。

 私は当時もう間もなく入籍を予定していた大切な女性と、その時間をともに過ごしました。毎日同じ部屋で同じ空気を吸い、同じ食事をし、同じ夜を眠り、同じ朝に目覚める、そんないつもの日常の安心感を彼女はいつも私に贈り届けてくれますが、そうした彼女のいつもの顔の、いつもの表情が、あのワークショップの中では、何だか新たな香りと風に包まれて、いつもとはまた違う豊かな表情を贈り届けてくれたような気がいたしました。

 その後、私たちは婚姻を契り、もうすぐ双子の新しい生命も誕生する予定です。成長や発達というものは、いつも新奇性との出会いを超えてやってくるものですが、あのワークショップで体験した「いつもの新しさ」に出会い直し続けることこそ、私たち夫婦という器を磨き、新たな生命を育むための豊かな土壌を耕すプロセスに違いないと確信しています。

 そんな確信につながるヒントを与えていただいたジョージアさん、森先生初め、このワークショップを開催していただいたセラピストの皆さま、また縁あって当日ワークショップにともに参加させていただいた皆様に心より御礼申し上げます。ありがとうございました。

 〜 30代 男性(夫) 〜

        >ページトップ